おまとめローンを比較してみよう

最近よくテレビなどで見かけたりしますがおまとめローンを利用なさっている方はどれくらいいらっしゃるのでしょうか。
どちらの金融機関を利用して良いのか現在お困りの方がいましたら、色々情報を集めてみてからお決めになるのが良いかと思います。
現在ではネットの情報が非常に充実していますので、多々出てくるかと思います。
一か所だけではなくて複数覗いてみることをお勧めします。


おまとめローンを利用する前に

おまとめローンを利用する前にはやはり情報を得ておくことが大事だと思います。
今では評判サイトや口コミサイトがありますので、そういった場所を覗いてみて知識をつけたりアイデアをもらったりするのが良いかと思いますよ。
また、今では質問広場のような場所がありますのでそちらで質問をしてアドバイスをいただくというのもお勧めです。
周囲の方の経験談について調べてみるのも良いかと思いますよ。


審査の仕方について知っておこう

おまとめローンを利用する際に必ず審査が必要になりますが、その審査にかかる時間についても知っておかれるのが良いかと思います。
中には最短即日というところがありますので待つことが苦手な方やお急ぎの方には良いですね。
事前に利用したい先について情報を集めておくことをおすすめします。
分からないことがある場合には直接お尋ねしてみるのが良いかと思いますよ。

参考サイト→→

おまとめローンのローン商品は借り換えを専門に扱うということから、審査でも今の借金の申告を行います。おまとめローンの利用を行うローンそのものは、自分で選択することができるのですが、借金に関する申告は、いま返済の終えていないものすべてを申告する義務があるそうです。


おまとめローンで全ローンを申告する理由

おまとめローンで、特に借り換えるという予定もない借金をなぜ申告しなくてはならないの?と疑問に思う人も多いかもしれません。確かに、利用を行わないのであれば、ローンを見られるというのはちょっと嫌だな、という気持ちになるかもしれません。しかし、おまとめローンの場合、借り換えた分の借金を会社が先に支払って返済をするというルールで動いているため、あなたが今ある借金の全部を知って、判断する必要があるのです。


うそをついてもばれちゃうので注意を

審査でうそをつく、というのはもっとも勧められないことです。信用情報という情報は、あなたが今、いくらの借金があるか、どの会社に借金をしているかということを、キチンと記載して、情報を管理しています。そのため、数や金額が多くても、申し込みの際には正しい情報をきちんと報告しましょう。

おまとめローンの返済について

おまとめローンの審査には時間がかかるので通った時点で心が緩んでしまいがちですが、本当に気を引き締めないといけないのはこれからです。
ここで今一度兜の緒を締め直すためにも「返済」についてきちんと確認しましょう。


おまとめローンの返済について確認しよう

おまとめローンの返済といっても今までキャッシングやカードローンを利用してきた人なら、今までと大して変わらないかとは思いますが違う点が1つだけあります。
それは「返済期限がある」という点です。
返済期限は、設定していないところもありますが大半のおまとめローン取り扱い業者は設定しているものだと思っていただいて問題ありません。
この期限は、申し込み者の年齢や収入などによって大きく変わってきますので、一概に●年と明言することは出来ないのですが、だいたい8年~12年といったところでしょうか。
申込内容によっては6年というところもあるようです。


これからは滞納が命取りになると心得よう

また、もう1つ強いてご忠告するのであれば、おまとめローンにおいての「滞納」は、キャッシングやカードローンよりも重たいです。もちろん1回、1日2日返済が遅れる分には電話がかかってくるくらいかもしれませんが、それを何回かやってしまうと途端に契約解除という風になり一括返済を求められる可能性が高いのです。

おまとめローンのデメリットって何?

おまとめローンを利用するとメリットがいっぱいあるということは色んなところで見聞きしますが、では、デメリットの方はまったくないのでしょうか?調査しました。


おまとめローンのデメリット

正直に言って、デメリットらしいデメリットは特にありませんでした。しいてあげるのであれば、おまとめローンの利用を検討している人の中には、多重債務者と呼ばれるような「自分ではもうどうしようもないほどの借金」を抱えてしまっている人も多くいるかと思います。そういった方から見れば「自己破産と比べてみると、結局は自分で全額返さないといけないし、これから先完済するまではクレジットカードの審査に通りにくくのなら、自己破産と大して変わらないし自己破産でよくない?」となってしまうのかもしれませんね。


自己破産との違い

おまとめローンと自己破産を比較して、やはり「すぐに借金がなくなるわけではありません」というところは借金に苦しむ身としてはデメリットになってしまいますね。
しかし、自己破産した記録というのは免責確定後7年ほど残るものという知識は広く出回っていますが、「7年経ったら調べがつかない」という風に勘違いしている方がいるのは危険な状態だと危惧しております。
自己破産者リストというのは、官報などで誰でも調べることが出来ますので、自己破産者リストを独自システムで記録・保存している消費者金融や信販会社もあると思います。

おまとめローン審査における一発アウト

おまとめローンは多重債務者の方だけでなく、借金のことで頭を悩ましている色んな人にとって金利を下げて返済を楽にできるチャンスですが、やはりどんなに便利なものでも審査があるわけです。
どんなに努力しても審査に絶対通らないような一発アウト項目などがあるのであれば、先に知っておきたいと思うのが人情というものではありませんか!


おまとめローン審査で、一発アウトになるのは?

複数の消費者金融から借りているような私のような人間からしたら、これはとても納得がいくようなことではないのですけれども、「滞納記録が多いと一発アウトの可能性が高い」というポイント。
だって、返済日にちゃんときちんと毎回お金があるようなら複数のところから借りることなんかないと思いませんか?
そりゃ、半年以上滞納していたとか、1年間ずっと毎月返済が遅れているとかなら問題視されるのも納得行きますが、2、3回あるだけで問題視されるのは不満を感じてしまいます。


3社以上あると厳しい

また借入先が3社以上あると厳しいというのも納得がいかないポイントです。
おまとめローンなんだからちゃんとまとめてくれよと思ってしまいます。借入先が2社くらいをメインとしているなら「にこいちローン」とかに名前を変えてほしい限りですよ。

おまとめローンの審査にかかる時間

おまとめローンとは、いくつもの会社から借りている借金を、一社で借り換えて借金の完済をするローンです。このローンは実際にお金を借りないおまとめローンもありますが、新しいローンで借金を借り換えることから、審査が必要となります。


おまとめローン審査は余裕をもって

おまとめローンでは、今ある債務を申告します。そのため、おまとめローン会社はまとめたい借金も含めてすべての借り入れているお金の確認をする必要があります。これは総合的に審査を行うためで、まとめたい借金は、複数あるうちの好きなローンだけで構いません。即日融資などと違って、このような理由から申し込みをしてからの時間が多くかかることもあるそうです。


消費者金融でも規制から外れている

消費者金融では貸金業法が定める借金の上限で、総量規制と呼ばれる年収の3分の1までしか借り入れができないという法律があります。しかし、おまとめローンを利用する場合は、この規制から除外されるそうです。理由として、借金をまとめるのでお金が大きくなりやすいことから、上限が決まっているこの法律を適用してしまうと多くの人が利用できなくなる恐れあるといわれています。また総量規制は基本的に目的ローンを対象としないのも利用の一つです。

【注目情報】
おまとめローンの審査に通るための方法(http://www.fondela.com/)
ローンを一本化するための審査は、通常のカードローンやキャッシングの審査よりも厳しく行われます。こちらで紹介されているリンク先には、審査に通るためのポイントが紹介されています。